冷や汗

今日は旦那ちゃまの病院の日。
体調が良くない事があり、妹にお願いして某都立病院の循環器内科の予約を取ってもらい受診させたのですが・・・


昼前に、携帯がなっていたんだけど、すぐに出られなくて着信履歴を見てみると、見覚えのある番号(旦那ちゃまが受診した病院は、私の母がずっと勤めていた病院で、妹もちょっと前までつとめていたのです)。
留守電が入っていたので、聞いてみると・・・

循環器内科の先生自ら至急連絡が欲しいとのこと!!

びっくりして連絡すると・・・
「○○さんの奥様ですね。今回診察を担当した○○です(妹情報では、先生はえらい人らしい)。○○さんの事なんですが、以前に失神して倒れた事があるというお話だったんですが、今回の診察中にも倒れるまでは行かなかったのですが、脈が遅く遠のいたときに意識が飛ぶような事がありまして、現在処置室で経過を見ていると事です。検査をしたところ不整脈が多く見られて、聴診でも脈が飛ぶのを確認しています。ご本人の了解を得てからになりますが、この病院はご存知のとおり、がんや感染症が得意であり、循環器についてはあまり得意ではないのが実情です(とは言ってもちゃんと見てくれる病院ですよ)。今回の症状からすると、私自身不安な部分があり、もっと専門的にしっかり診てもらう方がいいと判断しましたので、大学病院での受け入れが可能であれば移送したいと思っています。もし、ダメな場合はこちらで経過観察をする事になり、入院していただく事になりますが、できるだけ大学病院に移送できるようにしたいと思います。」

まさかの事態に私自身、手が震えてしまいました。
先生に、とにかく早く病院の方に来てほしいと言われたので、買って来たお弁当を係の人に引き取ってもらい、係長に事情を話して病院へ向かう事にしました。
向かう途中、また先生から電話が入っていました。

「大学病院の受け入れが可能になりました。これから救急搬送しますので直接○○区○○の○○大学付属病院の内科処置室に向かってください。」
始めに行った病院から近く、おりる予定の駅も同じだったので、ラッキー。

大学病院へ直行しました。
しかし。。。
私の方が早すぎて、まだ旦那ちゃま到着してなかった。

待つ事30分以上・・・
妹や母に連絡し、義母には入院になるかもしれないので来てもらえるように電話したりと慌ただしい時間を過ごし、ようやく旦那ちゃま到着。
しかも、まさかの先生も救急車に同乗して来てくれた!!
AEDを持って、直接外来の予定を変更してまで付き添ってくれたそうです。
本当に先生には感謝です。

先生から簡単な説明を受けて、受け入れの手続きも終えて、旦那ちゃまの検査の付き添い(車いすに乗っていたので、押す係です)をして、CT、レントゲン、心電図、採血、診察・・・
結果が出るまで、1時間以上待ちようやく説明。

頭と血液には問題がなく、やはり心臓が原因で失神などが頻繁に起こっているらしい。
でも、原因がすぐにわかるかというとそうではなく、これからまた検査をして行かなくてはならないそうです。
心電図は、ここのところ何回もやっているのですが、全部に不整脈が診られるため、24時間心電図をやることに。
来週取り付けをして、その結果をふまえて今後の方針を立てるそうです。
不整脈の専門医もいるそうで、今回の件はしっかり診て行く必要があるとの事でした。

義母も結果が出た頃到着し合流。
今回は、入院せずに帰れる事になりとりあえずはほっとしたようす。
今回の事を話すため、ファミレスに移動し食べそびれたおひつの代わりにデザート食べて、いろいろ話をしました。

みんな、まさかの緊急事態に最後はぐったり。
本人も相当ヤバいと自覚したのか、おとなしくなりました(笑)
もっと早く病院で検査を受けていれば、ここまではならなかったという訳で、みんなにこってりしぼられて、今後はきちんと病院へ行く事を約束した旦那ちゃまなのでした。


職場の人にも心配をかけてしまい本当に申し訳ないです。
ちゃんとお礼を伝えないとね。
とにかく、緊急事態にみんなヘトヘト。
連休前に、とんだ惨事でした。

みなさんも、体調に異変を感じたら病院へ行ってくださいね。
何もなければラッキーです。
何かあったら、少しでも早く見つかってラッキー。
本当に、何事も早く処置できる事が大事だと思うので、先延ばしはしないでくださいね〜

by freeandhope | 2014-03-21 00:07