お別れ

先週金曜日に、無事に退院して来たnanoちゃん。
入院中もたくさんご飯を食べて、先生たちにほめられてかわいがってもらっていました。

お家に帰って来てからも元気にご飯を食べていつも通りにみんなと遊んでいたのに・・・

日曜日の朝、母がいつもの通りご飯をあげにnanoちゃんのもとに行くと・・・

すでに冷たく固くなっnanoちゃんが・・・
連絡を受けすぐに実家に向かうとnanoちゃんはいつものように横になってリラックスしているように亡くなっていました。

父と母がそばに寄り添ってくれていました。
あんなに元気に帰って来たのに・・・
母も昨日の夜は、いつものようにお休みってしたのよ。
いつもなら、ご飯遅いよ〜って待ってるのに寝ているからそばに行ったら・・・っと。

みんなで、たくさん泣きました。
あまりにも急で、誰にもお別れを言わずに夜中に一人でお月様に帰ってしまったnanoちゃん。


ぷくちゃんのときに大変だったのを見ていて、きっと迷惑かけないようにと一人でお月様に帰ってしまったのかな?

ぷくちゃんと同じ7歳。
本当に今まで3回も手術を受けたりがんばって来たnanoちゃん。
ぷくちゃんとともに、私のつらいときを支えて来てくれたnanoちゃん。

もっともっと一緒にいて、チビチビとも一緒に遊ぼうねって言ってたのに。
また明日ねって約束したのに・・・

nanoちゃんはきっとすごくつらかったのかもしれない。
そんな顔を見せずに、最後まで食いしん坊のnanoちゃんのままでいました。
本当に、nanoちゃんには支えてもらった7年間でした。


火曜日に、nanoちゃんをお月様へ見送るため葬儀を行いました。
お月様でぷくちゃんと会えたかな?
今度は仲良く遊べてるかな?

2人には、本当につらいとき悲しいときたくさん支えてもらって、本当に助けられました。
私の人生の中で、2人といた時間は宝物です。
いなくなってしまい、淋しくてつらくて涙が止まらないですが、泣いてばかりだとぷくちゃんもnanoちゃんもママの事が心配で、遊べなくなっちゃうから笑顔でしっかりと2人のことを見守って行こうと思います。

nanoちゃん7年間本当にありがとう。
お月様でぷくちゃんと仲良く遊んでね。

ぷくちゃん・nanoちゃん
楽しい時間をありがとう。

by freeandhope | 2014-08-06 06:04